病気を運ぶ鳩の糞|アライグマの性格と特徴|鳥獣保護法と害獣駆除

アライグマの性格と特徴|鳥獣保護法と害獣駆除

レディー

病気を運ぶ鳩の糞

飛んでいるハト

普段、公園などで見かけることの多い鳩は、マンションなどに糞を落としていきます。そのため、鳩が多くいる場所であるほどその被害も多くなるのです。一度、糞をされると鳩の習性によって再度同じところに戻ってきて、繰り返し糞をします。それによって、悪臭を放ったり金属を腐食させることもあるでしょう。また、鳩の糞に含まれる病原菌が万が一口の中に入ってしまうと「クリプトコッカス症」と呼ばれる病気を引き起こしてしまうこともあります。症状としては、発熱や頭痛に、吐き気などが起き、最悪な場合、永続的な神経障害を起こすことも確認されています。
このような危険な病原菌が含まれる糞が、毎度の如くマンションのベランダに落ちていたのではたまったもんじゃありません。そのような場合は、駆除対策のプロにお任せしましょう。電話にて依頼をすると、現地調査を行ない見積もりから行ないます。金額が決まったところで依頼者がそれに同意すると、駆除対策開始です。鳩は鳥獣保護法の対象であるため殺処分などはできません。そのため、追い払いをすることが前提となります。鳩を追い払う場合は、鳩が嫌う臭いを放つ忌避剤を設置するケースが多いでしょう。その後、鳩がいなくなったことを確認したら、ベランダに入れないようにネットを張ったりします。しかし、場合によってはネットの隙間をくぐって鳩が入ってくることもあり、そうなるとネットに守られた鳩の安全地帯になってしまいます。再来防止の対策を行なっても来ることがあるため、駆除対策後のアフターフォローを行なってくれる駆除業者探しも必要です。逆にそういったサービスを行なっていないところだと、追加料金が発生してきてしまう可能性もあるため、依頼前にしっかり確認しておきましょう。